光になって

大好きなシンガーソングライター森圭一郎と日々の出来事を綴る

見えない思い

音楽や絵や芸能は見る側に影響を与えるものだと思うのだけど

 

作者はあえて怖がらせようと意図していないだろうけど、私は物凄い恐怖を感じる音楽、必死なエネルギーが伝わって来るようなそんな音に触れて

 

ちょっと引いた

 

 

そう聞こえる私に問題があるのか、演奏者に問題があるのかわからないけど

 

とてもチグハグだった

 

それぞれ素晴らしいものを持っているのだろうけど、合わさるとイマイチというか、、、

 

なんというか

 

いつも音楽を聴いて心地よく幸せな気持ちになるのに恐怖を感じたのは初めてだったかも